プチ整形の良いところ悪いところとは

img-1

プチ整形は、糸を使って二重まぶたにしたり、ヒアルロン酸やボトックスの注入などによってアンチエイジングや小顔効果など、基本的にはメスを使用しないで行う美容医療の一つです。


料金も、メスを使用する大掛かりな豊胸や脂肪吸引などに比べると比較的安いことが多く、3〜5万くらいか高くても10万前後ですむこともあり、多くの人が利用しています。


施術時間も短時間で済むことと、手術跡なども残らず治療を受けてすぐ退院できるため、安い費用で気軽にコンプレックスを解消できるので、中学生や高校生の未成年なども親の承諾を得て受けたりするケースも多いようです。

プチ整形は体のダメージが少なく腫れもひどくならずに効果がすぐに出るので、術後すぐにメイクしたり外出することができるのも良いメリットです。しかし、飽くまで手術ですので、それを施してくれる医療従事者の技術力が大切になってきます。経験が浅い医師の下で施術を受けると後遺症や副作用などの起こる可能性があるので、しっかりと病院選びをすることと、医師とのカウンセリングを行って納得した上で受けることをおすすめします。


また、プチ整形は永久的なものではなく、特にコラーゲンやヒアルロン酸などの注入は一定期間を過ぎると体に吸収されて効果が薄まってしまうので、また施術を受ける必要があります。
そのため、継続して施術を受けなければならず、一回の料金は格安でも何回も受けると結果的に高額になる場合もあるので、経済状況と相談しながら受けることが望ましいでしょう。

プチ整形という言葉が流行っています。


これはメスを使わないで行う美容整形のことで、代表的な施術に埋没法による二重形成があります。他にもヒアルロン酸など様々な成分を注入することで鼻筋を整えたり、しわをとったりと、プチという言葉に反してかなり広範な施術が可能です。
このプチ整形が広まってから、整形手術が身近に感じられるようになった、という方も多いのではないでしょうか。

気軽に、身体の負担も少なく受けることができるプチ整形ですが、デメリットもあります。

プチ整形のデメリットは、何と言っても効果が半永久的に続くわけでは無い、という点です。
通常の整形でしたらメスを使ってしっかりと形成するところを、糸で縫ったり、時間が経つと吸収されてしまうものを注入しているだけですので、どうしても時間の経過と共に元に戻ってしまいます。
しかし、デメリットはまたメリットでもあり、その分失敗しても元に戻れる、ダメージが少ない、ということも言えるのです。

ですので、例えばプチ整形の賢い利用法としては、本格的な整形をする前に、どのような顔になるのか見てみる、という使い方もありでしょう。


しっかり整形してしまった後ではたとえ「元の一重の目の方が似合っていた」となっても、元に戻すことはできません。
しかし、埋没法でしたらそれが可能なので、まずは埋没法で試してみて、気に入ったらメスを使った整形にするということもできます。
しかも目に限らずあらゆる施術が可能なので、ダメージの少ない分、一度に複数個所の施術を行えます。整形はしてみたいけれど、どんな顔になるのか今一つ心配、という方がいらしたら、一度医師と相談されてみてはいかがでしょうか。


元に戻るというデメリットを逆手にとったメリットを生かして、上手に利用しましょう。

福岡の高齢者住宅の特徴をご紹介するサイトです。

東京の有料老人ホームが勢いに乗っています。

東京の有料老人ホームがとても人気であることがわかります。

医療のファクタリングについての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。

話題になっている介護のファクタリングの情報はこちらのサイトがオススメです。

http://matome.naver.jp/odai/2135803017372356901

https://job.tsite.jp/job-offer/detail/12438?kw=&ar=&pt=&cc=&ct=&rc=&rl=&rs=&gc=&jc=&cl=&mc=&pk=&pm=h&ch=&fe=&payment_min=&sc%5B0%5D=123&sc%5B1%5D=142&or=urgent_first&pg=4

https://allabout.co.jp/gm/gc/374675/

関連リンク

img-2
大人ニキビを治していく化粧品選びとは

なかなか治りにくい大人ニキビを治すためには、化粧水は何を選ぶかも大切です。そこで選びたいのは、高保湿の成分が入っているということです。...

more
img-2
ニキビを改善するためにできること

ニキビができると気になって汚れた手で触ったり潰したりしがちですが、炎症が肌の真皮にまで広がり跡が残ってしまう危険性があるので、絶対に刺激を与えないようにしてください。顔はファンデーションの油分や外気の汚れの影響を受けやすく、皮脂腺が多いパーツなのでどうしてもニキビができやすくなってなってしまいます。...

more
top